外壁塗装リフォームは業者にお任せ〜完ぺき外壁.com〜

三角屋根の建物

塗料の変化

外壁塗装のこれまでの歴史

外壁塗装は歴史が結構古く数百年後前に遡ります。昔は自然素材に基づく塗装をしていました。例えば花、粘土などを素材にした塗装です。 時代は進み、戦後になると塗装の質も徐々に変わってきました。その頃から、化学薬品を作った塗装が増え始めたのです。化学薬品を使った塗装は、耐久性が強く、また塗りやすいというメリットがあったのです。比較的価格の安い外壁塗装では、ウレタンが使われた塗装で、その寿命は8年から10年と長くはありませんが、価格の安さが人気の秘訣でした。 その後、塗装の寿命がウレタンの2倍以上長いフッ素樹脂系の塗料も出始めました。これにより、外壁は20年近くリフォームをしなくても済むようになったのです。

今後の動向について予想

また、ほこりや泥等で壁を汚さない光触媒の塗料も出てきました。 光触媒は光が当たると化学反応を起こし、壁を汚れにくくする力が発揮されるのです。 このように様々な外壁塗装がありますが、今後の外壁塗装はどのようになっていくでしょうか。 外壁塗装は、ただ住宅の劣化を防ぐために塗っておしまいと言うのではなく、デザイン性も重視されるようになると予想します。不況の時代に選ばれるのは価格が安いだけではなく、それ以上にデザインを重視する人が多いのです。世の中には価格が高くてもデザイン性に優れた商品で売り上げを上げている会社もたくさんあります。 これは外壁塗装も例外ではありません。今後外壁塗装もデザイン重視の方向に進むことで活路が見出せるようになるでしょう。

Copyright © 2015 外壁塗装リフォームは業者にお任せ〜完ぺき外壁.com〜 All Rights Reserved.